相見積もり・見積もり合わせ

幾つもの建設業者から見積もりをお願いし、金額の安い所へお願いする方法。
決して悪い方法ではありませんが、果たしてそれで自分の追い求める家が手に入るのかは疑問です。
家は他の買い物と違い、同じ商品を相見積もりするものではない。
車はメーカーがあり車種を決めてグレードとオプション品を選択すれば、同じ土俵で相見積もりが出来る。同じディーラーでさえ場所が違えば金額に違いもでます。
規格品だからそれが出来るのですが、家はそんなことは出来ない。
設計事務所等で行う入札でしたら図面も仕様も全て同じですから納得のいく同じ条件での相見積もりとなる。これが同じ土俵!
家を坪単価のみで比べる事などナンセンスです。
その会社その会社で家を造る思いや技量、性能・技法・特色・売りなどが違う。

そんな部分で住宅会社を選ぶのであればその会社の値段と言うより、その会社の造る家に魅力を感じての事ですから、他社との相見積もりはしない方が良いでしょう!

建設会社は自身の会社で提案する図面が一番だと考えますので、同じ図面での相見積もりは毛嫌いする傾向がある。
勿論住工房Kも同じである。

値段だけで比べるのであれば、ローコスト住宅会社に限ります。
坪単価○○万円などとチラシの全面に単価を打ち出す会社が良いのだと思う。

大手ハウスメーカーのネームバリューをお求めの方は有名どころが良いでしょう。

家に何を求めるのかがはっきりしている方は、自分の求める家の価値に合う家造りをしている会社選びとなる。

ただ「マイホームが欲しい」と言う漠然とした思いで家を考えたら必ず失敗します。

マイホームを考える時は自分にふさわしい家って何だろう?と言うところから考える事が大事です。

住工房Kはフォレストバンク製の「もみの木の家」です。
「住まう方が健康で暮らせる」と言う事が大前提で造っているのでもみの木ハウス専門店となります。

少なくとも長野県内ではフォレストバンク製のもみの木の家を手掛けられるのは住工房Kだけです。

ですから、相見積もりなどは出来ません。
同じ条件での家が他では出来ないからです。

全ては「住まう方の為に!」と考えるので、もみの木の家が私の考える価値のある家なのです。

それ以外の家はどこでも出来るという曲がった考え方しかできない自分です。

でも、もみの木の家以外でも健康に住まえる家は存在していると思いますが、私の知る限りフォレストバンク製のもみの木の家を超える家は見つかっていません。
「フォレストバンク製」ここが最も重要なポイントかも知れません!!
ホントからすると「もみの木」より重要なのかも^^

フォレストバンクについて明日ブログりますね^^

関連記事

PAGE TOP