BLOG

6/15・16日新築完成体感会「スタジオのあるオーク調のオシャレなおうち」

今回お施主様のご厚意により、家づくりをご検討の方に見学会を開催させて頂きます。今回のお施主様は、ニューボーン・アニバーサリーを中心にフォトグラファーとして活動する奥様、よき理解者であるご主人様と2人二人三脚で拘りを沢山詰め込んだおうちに仕上がりました。暮らすためのスペースとフォトグ

子育て世代のパパさんママさん

お子様を育てる環境はとても重要だと私は感じています。幼少時はほとんどの時間を部屋という住環境で過ごしますし当然そこには必ず家族もいます。成長すると共に滞在時間は減ってはいくが住環境にいる時間は大人に比べてはるかに多い。そんなお子様たちの成長に大事な事は室内空気環境でしょう。

週末はもみの木の家に元気なお子様が

今週日曜日にお約束していたいI様ご家族との再会。私共へ2度目の訪問です。前回体感ハウスにてもみの木の家の「クリーンな住環境」を体感頂き、ご両親は勿論のことお子様たち2人の反応に感銘したという。もみの木の家の空気環境をお子様方は体の芯から体感していたからです。もともと

K様邸工事の様子

6月中旬に引き渡しとなる下諏訪町のK様邸。奥様は自宅でフォトスタジオを開業し、妊娠中から(安定期後)・新生児・birthday・七五三祝いなどお子様を中心とした撮影をする、そして自らも2人のお子様を育てるスーパーママさんでもあります。https://www.threads.net/@har

自社オリジナルもみの木のバスマット

皆さんのお宅ではどんなバスマットを使用していますか?タオル製のものが圧倒的だと思います。生地の物は使用後水分が残り不快感があるので一番風呂の方しか心地良さはない、二番風呂以降の家族は不快感のままの使用となる。最近は珪藻土から出来ているバスマットも流行している。理由は

内装材に使用する木の「最強」は

床板・壁板・天井板、家の室内へ使用する木の材料。その室内の木の材料は大きく「針葉樹と広葉樹」の2種類の木に別れ、更に木の切り出し方の木目でも効果が分かれます。どちらの樹種を使用すれば室内の空気環境を良くして、住まう人の為になるのか?答えを先に述べます。針葉樹

木の強度

家の骨組みを組み立てる際の「建て方」これは大変危険な作業となります。木造在来の家の構造と呼ばれる骨組みの木材の幅はわずか10.5cmから12cmしかありません。10.5cmと12cmの幅が今は規格幅となります。よってこのサイズのどちらかを使用するのが一般的となります

週末

たっぷりの水分を撒きながらの床掃除は気持ち良い♬週末日曜日は久しぶりに事務所の床の濡れ葺きをした。注意!このような事は他のお宅では決して真似しないでください(笑)この掃除法は多少の湿らせ方ではありません。たっぷりの水分を床に含ませながら行う「雑巾がけ」と「保湿」を兼

オーダーメイドキッチン:家具

こちらはもみの木改修工事にてクリの木でオーダーメードした幅3m50cmの無垢キッチンと背面に作業カウンターと奥様のデスクです。こちらは幅1m50cmツインの洗面化粧台をクリの木でオーダーメイドしました。メーカー製の既製品キッチンなど水回り商品が主流の中、無垢材で手づ

今では信じられないが

その昔、浴室とトイレは家の外にありました。「縄文・弥生時代ですか」と思われがちですが、田舎ではまだこの習慣が残っている所もあり、実際に利用している家もあります。私の幼少期の実家もそうでした💦S42年生まれの私が小学校の6年間は、トイレもお風呂も家とは別棟です!中学1

植栽作業

アプローチ沿いの庭園 花言葉を添え 先見の明「ソヨゴ」謙虚「ヒメシャラ」 高貴「ボタン」玄関脇に難を祓い福をなす「ナンテン」裏口に邪気を祓う目隠しを兼ねた「ヒイラギ」先週末に建て替え足かけ3年に渡るお客様の最後の工事「造園作業」を行いました。

自然なつくり

家づくりで私が一番思うことというより、私の家づくりの根底には「自然なつくり」この深みのある言葉に限る。自然なつくりの意味には色んな要素が含まれており、素材・作り・見た目・住み心地・間取りなどがあるが、全てにおいて飾り気のない自然らしくを求めている。人の手によって作られているから「人

TOP