少し肌寒くなってきましたね!

ここ数日肌寒さを感じる様になってきた。

とは言え、高性能の家の中の室内は今朝の時点で22.1度ですのでまだまだ熱源を使用するほどではないが、昔の家では少々寒さを感じる室内温度になっていると思う。

昔の家と高性能住宅ではいったい何が違うのか??決定的な事は2つ。開口部と断熱材である。そこに機密性能が加われば最強と言える!

開口部とは玄関扉やガラスサッシの事です。昔のガラスサッシと今のガラスサッシを比べたら雲泥の差。高性能住宅に欠かせない高性能なサッシは樹脂サッシ枠とペア以上のガラス構成が欠かせない。ちなみに弊社の開口部は樹脂枠に対してペアガラス+LOW-Eアルゴンガス入り+樹脂スペーサーと言う組み合わせとなる。一つ一つ説明すると、窓枠が樹脂製枠、ガラスが2枚入りのペア、そのガラスの一枚にはLOW-Eと言う金属膜が内側に貼って有り、遮熱なのか断熱なのか効果を選択することが出来る、そしてガラスとガラスの間はアルゴンガスが入っており内外への熱の移動を抑える性能がある。樹脂スペーサーとはガラスとガラスの間の外周部にあるスペーサーで固定をする役割の枠材です、一ランク下にはアルミスペーサーがある。

玄関ドアに関しても現在の物には断熱仕様があり、高断熱と中断熱の2種類の性能分けがされている。玄関ドアもサッシも地域別に性能基準があり、長期優良住宅仕様の基準をクリアーすれば高性能な家と言えるでしょう。

サッシにもまだ上位ランクの物も存在する。ガラスが3枚のトリプル仕様や枠が木製の木製サッシと性能も一ランク上位になるがコストもそれなりにかかる!

断熱材に関しても昔と現在では種類も性能もいろいろだ!

昔から存在するガラス繊維の物から羊毛まで色んな種類の断熱材が存在している、弊社では現場で発泡するタイプの硬質ウレタンフォームを採用しているが、更にオリジナルで外部にも外張り断熱材のEPS(発泡スチロール)40mmをWで施工している。理由は簡単寒冷地だからです。

現場発泡のウレタンフォームは気密性能が確保できることに利点があり、グラスウールの様に工事を行う人の手によって、隙間が生じたり施工法が異なる間違いが起きないのもメリットとしてある。更に外貼り断熱を行うのでより気密性が増し、C値0.5㎠/㎡付近で安定した数値を確保出来る事になる。C値とは・・・建物全体にある隙間面積(cm2)を延床面積(m2)で割った数値で、建物の気密性能の指標として用いられています。C値の測定は、実際に建てられた建物内で、専門の気密測定試験機を使って行います。数値が小さいほど優れた気密性をもつ建物といえます。例えば、延床面積が40坪(132m2)の場合、C値が5.0なら隙間面積は660cm2(はがき約4.5枚相当分)、C値が2.0なら隙間面積は264cm2(はがき約1.8枚相当分)です。C値0.5㎠/㎡がいかに優秀な数値と言う事が分かって頂けるであろう!

以下のように家は性能によって暮らし方が変わる。もちろん健康面にもそれは関係してくる。

初期投資に少々かかったとしても、これからは高性能な家造りが長生きできる秘訣にもなると言う事なんですね!

 

11月イベント告知 

11月はお住まい見学会です。

私の自宅は31坪の少し小さな「もみの木の家」です。子供たちも巣立ち夫婦2人とペット1匹で生活している、こじんまりとしたスペースながら大変住み心地の良い家に仕上がっております。高性能住宅で室内どこへ行っても快適な室温、小さいな家だけに掃除も楽ちん、でも収納は豊富、そしてペットも暮らす家なのに臭いもしない。そんな快適な住環境は「家の構造と」と「室内の内装材」にその秘密が隠されている。暖房機は私のあこがれでもある薪ストーブで夫婦とわんこ一匹で楽しく生活しております。この時期ですとそろそろストーブの恋しい季節、当日は薪ストーブも体験できます。

澄んだ空気環境は全て「もみの木の力」快適生活は全て「高性能な家造り」から。老後を快適に暮らしそして長生きする要因は家にあります。弊社がお勧めるもみの木の家を、飾り気のない生活をしている私の自宅を開放して見学会を開催いたしますので、是非「体感」しに来られてはいかがでしょうか。玄関に入って生活臭の無い気持ち良い空気感にきっと感動されると思います。

もちろん子育てにも最適なもみの木の家。大事なお子様の健康面を守り、アレルギーの発症リスクをもみの木の家の生活で出来るだけ軽減してあげてください。

皆様お越しを心よりお待ちしております。

日   11月10日(日)

時間  10時より16時 

場所  諏訪市豊田220-1 住工房K社長宅兼事務所       

案内図 https://goo.gl/maps/HRu7iCCSKqbMwaSd8

 

  完成内覧会の知らせ

次回「もみの木の家」完成見学会は12月7日(土)・8日(日)原村にて開催決定!!

景観の良い原村に、仲良し家族が4人で住む「もみの木の家」が完成します。

家事動線の良い間取り、充実した家事室、もみの木の上質な空気環境、耐震等級3、断熱等級4、長期優良住宅。

調理器具は住工房Kがお勧めするスーパーラジエントクッキングヒーター「DGH」この器具は電気式ではあるにもかかわらず「電磁波」の影響は受けにくい優れもの!

熟練した腕の良い「社員大工」が一軒一軒を丹精込めて仕上げていく住工房Kの家造りはクオリティーの高い高性能・自然素材の健康住宅です。

是非「もみの木」の気持ち良い室内空気環境を体感しに来てください。

日 12月7日・8日

時間 10時より17時

場所 諏訪郡原村南原17219-1002

地図 https://goo.gl/maps/aH2zyzjf5A9x5KP78

  [お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP