木を理解できる方とそうでない方

木は生き物です。我々人間同様この世に誕生してから育っていく生き物です。

我々人間と違うところは、地に生えている状態から姿形を変えても細胞が駄目にならない限り生き続ける事が出来る事。我々人間は命が限れば姿形も無くなり存在も無くなる。あるとすれば心の中に残る存在だけである。

そんな木は昔から家の素材として多く使用されているが、「身近な素材である」それだけの理由で木を使用していた訳ではありません。木はそれなりの特徴や用途に応じて樹種や木の目を使い分けて利用していたのです。

樹種で言ったら出来るだけ硬く狂いが少ない木を骨組みに使用し、柔らかく成分効果の良い樹種で木の目は出来るだけ狂いの少ない柾目を室内へ使用していた。この様な事は先人たちの方が長年の経験と知恵の中から伝えられてきたことなので、現代人よりも知能は高かったのかもしれない。

先人たちの方が木の使い方は長い経験から学んでいる。骨組みは頑固に釘を使用せず組み上げる木組み、組み上げてからは木の水分を抜くためにしばらく放置してから、内部の造作に取り掛かる。昔ながらの家造りがこれだ。

内部に使用する木、日本では素足の生活が昔から根付いているので床には柔らかい木を使用し冷えや足腰の痛みを軽減させることに気配りをする。水を使用する部屋に貼る木の板の目は「柾目」と言う木の目の板を貼る。柾目は木の切り出し方法で変わり水分のコントロールを得意とする木の目の切り出し方である。よく「木は調湿する」と説明があるが切り出し方法が柾目でなければそれは成立しない事である。

柾目の反対は「板目」一本の木から過半数以上切り出せる目がこの板目で、柾目は数パーセントしか切り出せない貴重な部位なのです。板目は柾目と違い水分を止める役割の木の目ですので、節の有る板目を使用して「木は調湿効果がありますからいいですよ」なんて説明している営業マンは木について全く無知なのである(-_-;)

木を内外に関わらず使用するには乾燥と言う工程を省くことは出来ません。自然界に生えているときは水分を多く含んでいるが、家の製品になった過程で水分を含んだまま使用すると家に何らかの支障が出てしまう。曲がったり、ねじれたり、割れたりと。それを最大限防ぐために乾燥と言う工程を踏まなければならないのです。

ただ乾燥で気を付けなくてはいけない事が、乾燥時に木の成分を残さないと木の細胞が駄目になってしまうと言う事です。細胞を活かして乾燥させる方法は、昔ながらの自然乾燥しかありません。しかし、時間と手間がかかり過ぎるで皆行わないのが現状です。コスト削減で時間も短時間で済む「人工乾燥」が現在主流の乾燥方法となっている。

先ほどから言っているように、人工乾燥では木の細胞は駄目になってしまうので、調湿効果・消臭効果・殺菌作用・抗酸化作用など樹種によって様々ですが、色んな効果を持っている木の良さはあまり期待できません、よってカラーフロアーとビニールクロスの「新建材の家」とも何ら違いが無いのです(-_-;)

木の良さを望んで「木の家」にするのであれば、その木の乾燥方法やどうしてその木を使用しているのかを聞いてから会社選びをしてくださいね。

ただ、自然乾燥の木は生きています。細胞も駄目になっていないので、多少の曲がりやねじれ・割れと言った症状は全くないわけではありません。ここが人工乾燥の木と大きく違う点でもありますが、間違いなく自然の恵を受けれるのは自然乾燥の「木」に違いありません。

もみのき木の家は形で望む方向けではないような気がします。本当の木の家を望む方向けの家なのです。

あなたの思う木の家は見た目なのですか、それとも中身なのですか?

 

 12月イベント情報

12月は「もみの木の家」完成内覧会

「もみの木の家」完成見学会は12月7日(土)・8日(日)原村にて開催決定!!

景観と環境の良い原村に、仲良し家族が4人で住む「もみの木の家」が完成します。

間取り

遊び心があり、家事動線の良い間取り、充実した家事室と各お部屋。室内はもみの木から出る成分により、「消臭効果」と「調湿効果」で家中どこへ行っても気持ち良い住環境となっております。子育て世代からスローライフを楽しむご夫婦様にもピッタリの「もみの木の家」

住宅性能

国が推進する『長期優良住宅』なので断熱等級・耐震等級もクラス最上位、全館暖房で暖かく暮らせるのが「健康住宅」でもある。長期優良住宅で地域グリーン化整備の補助金も取得し、後も何かと税制面で有利なのも長期優良住宅の強みである。

調理器具は住工房Kがお勧めするスーパーラジエントクッキングヒーター「DGH」この器具は電気式ではあるにもかかわらず「電磁波」の影響は受けにくい優れもの!ここも必見です!

空気環境

フォレストバンス製のもみの木を内装材に使用した室内は喘息や鼻炎と言ったアレルギー等には無縁の住環境となります。完成時から新築のニオイの無いもみの木の家は色んな効果が期待できる「健康住宅」です。子育て世代からスローライフを楽しまれるご夫婦まで幅広い層に受け入れてもらえる住宅だと思います。

そして住工房Kは、熟練した腕の良い「社員大工」が一軒一軒を丹精込めて仕上げていく。私共の家造りはクオリティーの高い高性能・自然素材の健康住宅です。

是非「もみの木」の気持ち良い室内空気環境を体感しに来てください。

日 12月7日・8日

時間 10時より17時

場所 諏訪郡原村南原17219-1002

地図 https://goo.gl/maps/aH2zyzjf5A9x5KP78

  [お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

 

関連記事

  1. もみの木体感モデルハウス4
PAGE TOP