木組みの家

木造住宅の場合家の骨組みは木と木を繋げて家の形に造りこみますがその作業が「刻み」と言われる作業です。

大工の基本中の基本「墨付け」家を建てる工程の一番最初の作業がこの墨付けとなります!

親方が家の寸法に合わせて木と木を組み合わせる為の「墨付け」を行い小方集がそれを加工する。

今ではこの作業はプレカット呼ばれコンピューターと機械のみで行われるのが主流になっています!

木と木を接ぎ合わせる際に使う工法を「仕口」(しくち)と言い日本建築の最大の特徴となります。

木はねじれたり反ったりします、当然一本一本の木の性格も違いますから他人同士の木と木と仲良く繋ぎ互いに狂いを出来るだけ出さないようにする事と繋いだ木と木が離れないようにする事これが「仕口」です!

これは墨付けをする棟梁の技量で色んな仕口を組み合わせながら家にしていきます!

一番多く使われる「カマ仕口」


直線状に繋ぐ仕口です繋いでしまえば絶対に離れません!

大きめの材料を繋ぐときに使われる「だいもち」繋ぎ、これは形も複雑です!


これも繋いでしまえば左右方向への外れはありませんしねじれ止めにも役立つ繋ぎ手です。

繋ぐ個所は柱から近い位置で必ず行うことが条件ですが柱が近くに無い場所にどうしても繋ぎたい時に使用する仕口「おいかけ」


繋いだ後に丸い穴が2つ空いている場所に「こみせん」と言う木の棒を打ち込みます、すると上下左右いかなる方向離れる事はありません!凄く考えられた形です!!!

方向が異なる場合のつなぎ手は「アリ」加工と言います


これも多く使われる仕口の1つです

この様に日本建築の木組みの技法は大変優れています、地震大国ならではの技法とも言えるでしょう!

木造在来軸組工法住宅は今後も受け継がれて行く技法なのではないのでしょうか!

 

【イベント告知】  スーパーラジエントクッキングヒーター調理機器編

次回イベント2月3日「遠赤外線クッキングヒーターDGHの調理試食会」に決定!!

IHクッキングヒーターと違い「電磁波」の影響は受けない電気式調理機器「DGH」

DGHはスーパーラジエントクッキングヒーターです、遠赤外線調理ができ体にもとても良い高アルカリ性の料理になることも特徴の一つ!!

余熱料理も得意で使い方によってはIHより電気代もお得になる優れものです!!

詳細は後日掲載

 

【イベント告知】  もみの木の家完成お披露目会編

2月16月・17月自然素材住宅「もみの木の家」完成体感会開催  

日程等は追って追記していきますのでお見逃しなく!!

【オープンハウス開催告知】 自宅・事務所開放しております!!

自宅&事務所のお住まい見学はオープン日を設定せず全日予約制とさせていただきます。

参加希望の方は弊社宛に予約をお願いします。

見学時間は10時より16時となっております。

予約先  TEL 0266-52-9492  携帯 090-3476-1568  笠原まで  FBやH/Pからも承ります。

場所  https://goo.gl/maps/g5B4eVM5TYK2

FB  https://goo.gl/491TO8

H/P https://mominokinoie.com/index.html

実際に生活しているもみの木の家を体感できるので住まい手側の意見や感想も聞けます。現実的ではないショールームとは違います。

ノンストレス自然素材健康住宅「もみ木の家」は住工房Kがご提案しております。

注意!!もみの木はフォレストバンク製フォレストキングでなければ自然からの恵みは受けられません、ご注意してください!!

[お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP