薪ストーブ設置の基準法

現在一般住宅に薪ストーブの設置を行うと基準法があります。

この基準は建築基準法の中で決まっているのだが審査官によっては無知なだけなのか見逃しているだけなのかは分からいが基準を満たしていない現場の画像は全国で見られるし地域差もあるようだ。

割と最近決まった基準法だが明らかに基準後の現場画像でもSNSの投稿で見受けられる。

その決まりとは薪ストーブの背面に「耐火レンガ」を積み上げる事です。

その範囲も決まっていて炎症範囲を計算し高さや幅を割り出し設計図に添付する。これが出来ていないとそもそも建築確認の段階で通らないが何だかその辺が地域によってはあいまいとなっている。

私の住んでいる諏訪地方ではその辺はとてもうるさく言う。

耐火レンガの積み上げとなるとかなりコスト面では高額な作業分野となるので薪ストーブを暖房機で考えるとその辺も建築工事で加算されるので薪ストーブ本体とは別予算になるので検討時には注意しましょう!

耐火レンガの積み上げはその裏側の壁との間を隙間30mmの空気層を設けなくてはいけませんのでレンガは完全独立でおおよそ高さ2m付近まで積み上げられます。このような事を行わないと建築基準法に触れてしまうので図面段階で薪ストーブを描くこと無く検査後あとから設置みたいな形で済ませる建築屋さんも多いと聞く。

そんなやり方でよいのか?その辺は各自の考え方ですので何とも言えませんが確かに日本の薪ストーブへの知識は無さすぎます!

諸外国の薪ストーブの使用が盛んな国には耐火レンガなどを薪ストーブの裏側には積み上げてはいません。なぜならもともと薪ストーブの構造自体にその理由があるからです。薪ストーブの構造を少し説明すると薪を焚いている際の熱は上部・前面・一部側面にしか熱は発しない構造になっている。ストーブの後方には熱は発しない構造となっているのである。

レンガ積みの基準がなかった5・6年前までは裏側の構造は自由でした。それが薪ストーブの急激な普及により国はそのような変な決まりを作ったから我々としてもやりにくい話なんですが・・・

日本で薪ストーブによる裏側の壁への影響で火災になったのはどれくらい発生しているのか?いつも弊社で薪ストーブ工事を担当してもらっているストーブアートさんのお話ではほとんど起きてはいないそうなんです!!

使用方法を誤っての火災は過去に数件起きているようですが基本レンガ積みがなくても裏側の壁からの火災は起きないのが薪ストーブの構造なんですね!!もちろん裏側以外でもよほど燃えやすいものを密着させて放置すれば着火してしまいますが側面10cmくらいの至近距離に薪を積んでおいても着火はしない安全な暖房器具なんですよ!

だから本来はレンガ積みのような過剰な対策は無必要なんですが決まりなので私共の会社ではきちんとレンガ積み対策をしております。

反射盤や蓄熱層と考えればレンガ積みは有効ですし室内での見た目はとても雰囲気がありオシャレです!そんな意味での使用法も考慮すればレンガ積みもいいですね(^▽^)/

 

4月のイベント告知です!!↓

スーパーラジエントクッキングヒーター調理セミナー

4月6日(土)「遠赤外線クッキングヒーター【DGH】の調理試食会」開催!!

DGHはIHクッキングヒーターと違い「電磁波」の影響は受けない人体に安全な「電気式調理機器」となります。

DGHはスーパーラジエントクッキングヒーターです、遠赤外線調理が最大の特徴で体にもとても良い「高アルカリ性」の料理になりますので食べて美味しく健康に役立つ調理機器となります。また「余熱料理」も得意ですので使い方によってはIHより電気代もお得になる優れものです!!

今回はそのDGHによる調理実習と出来上がった料理を試食できる楽しい企画となっております。

日時 4月6日 土曜日

時間 11時より2時間程度

場所 諏訪市小和田南7-32  地図→https://goo.gl/maps/mUQumAatJ2A2

4月イベント告知!!

 もみの木の家」事務所・自宅お住まい見学会

自宅・事務所を開放し実際のもみの木の家の空気環境を体感してたり「薪ストーブ」の暖かさも体感できます。もみの木にはシックハウス・喘息・他アレルギーなどの症状を抑える不思議な力を持っています。大切な家族がいつまでも健康でいられるそんな家創りが住工房Kの目指す家創りです。

是非もみの木の家にお立ち寄りください♬

日程 4月7日(日)

住所 諏訪市豊田220-1 住工房K自宅兼事務所

時間 10時より16時

予約なし

地図→https://goo.gl/maps/NNRWLTXAMc92

完成体感会告知  喘息の持病を持つご家族のための家はやはり「もみの木の家」

4月の完成体感会は下諏訪町にて【もみの木の家完成体感会】となります。

4月27日(土)28日(日)は下諏訪町にて「もみの木の家完成体感会」を開催予定しております。

家の特徴・・・断熱等級4 耐震等級3 制震ダンパー採用 暖房機はエアコン 調理機器はスーパーラジエントクッキングヒーター「DGH」

       延べ床45坪の二世帯住宅。

       ご主人様の趣味の部屋を小屋裏に完備。

       脱衣前には家族が使えるクローゼットも完備した、もみの木の家ならではの間取りとなっております!!

 時間 10時より17時

 住所 下諏訪町4398-10

 地図→ https://goo.gl/maps/jXycw97vgu12

[お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

 

 

関連記事

PAGE TOP