勤労感謝の意味

おはようございます。

本日は「勤労感謝の日」、勤労に感謝する・働く人に感謝する国民の休日!

って事ですが私共の会社は本日も出勤です!

勤労感謝の日の意味って本当は勤労に感謝する・働く人に感謝するってことではなかったらしい。

ふとそんな事を調べてみた!

ここからはネット情報によるもの↓

実はこの11月23日という日は元々「勤労感謝の日」でなく「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる祭日で、非常に重要な宮中祭祀が行なわれる日でした。

この新嘗祭とは天皇が日本国民を代表し、五穀豊穣(豊作であること)そして命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を捧げるための祭り、つまり日本の収穫祭なのです。

天皇だけでなく国民全員も天皇と一体になり、秋の実りを神に感謝する、日本国にとって非常に大切な一日でした。

現在と違い、当時は国民のほとんどが農家で、新穀(その年に収穫される新米・穀物)がちゃんと収穫できるかどうかは生死に関わることでした。

ですので春にその年の五穀豊穣を祈り、秋にはその実りに感謝するという風習は、現代では考えられないほどに重要な意味を持っていたのです。

しかし大東亜戦争に敗戦後、日本国内ではGHQによる日本弱体化政策が始まってしまいます。

GHQは日本国民から、天皇や皇室に関係したものを徹底的に切り離そうとしました。天皇という絶対的な精神的支柱を失わせることにより日本を骨抜きにすることを狙ったのです。

そして天皇と国民が一体であった新嘗祭は宮中のみでの祭祀となり、国民からは完全に切り離されてしまいました。

そして11月23日は「勤労感謝の日」という本来の意義とは全く関係のない内容の祝日に変えられてしまいます。

という事らしいのです!!知らなかったです。

穀物は我々日本人の命の源、それは今も昔も同じ。

食べ物に感謝し本日も一日働いてきますm(_ _)m

 

 

 告知!!

 12月のイベント情報

「もみの木の家で薪ストーブの暖かさ体感会」

住工房Kの事務所と私の自宅の暖房器具は薪ストーブです、薪ストーブは遠赤外線の出る唯一の暖房機で体の芯から暖まる暖房機です。日本では馴染みが少ないですがヨーロッパではとてもメジャーな暖房器具となります。冬に入り暖房機が恋しい季節ですね!体感希望の方は是非実際の室内を体感されにお越しください。薪を扱うことも体験できます。

日時  12月9日(日) 10時~18時

場所   住工房K事務所&自宅 諏訪市豊田220-1

案内図  https://goo.gl/maps/gv2xyy2dfqk  

駐車場  あり

 

 オープンハウス開催告知

自宅兼事務所のお住まい見学はオープン日を設定せず全日予約制とさせていただきます。

参加希望の方は弊社宛に予約をお願いします。 090-3476-1568笠原まで!

見学時間は10時より16時となっております。

予約先  TEL 0266-52-9492  携帯 090-3476-1568  笠原まで

FBやH/Pからも承ります。

場所  https://goo.gl/maps/g5B4eVM5TYK2

FB  https://goo.gl/491TO8

H/P https://mominokinoie.com/index.html

実際に生活しているもみの木の家を体感できるので、住まいて側の意見や感想も聞けて、現実的ではないショールームとは違います^^

ノンストレス健康住宅「もみの木ハウス」は住工房Kがご提案しております^^

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

 

関連記事

PAGE TOP