今の家はハウスダストだらけです。

ハウスダスト、このハウスダストに敏感な方が最近は多い。

ハウスダストはどうして発生するのでしょう?

これはどんな家にも発生してしまうもの。窓を開けて生活をする事、家と外の出入りをする以上防ぎようがありません。

空気清浄機を使用したり、掃除をこまめにしたりする事くらいしか予防策もありません。

衣類の繊維・髪の毛・布団などなど!どんなに注意しても暮らしのホコリは発生してしまうんです。

現代の家はホコリを寄せ付けやすい家となっている。今の家は静電気が発生しやすい環境にあるからです。

化学塗料で塗られている床、ビニールクロス、ビニール製建具、ビニール製の床などが多く使用されているため静電気の発生が避けられない。この静電気がホコリを集めて密着させてしますうのです。

静電気を出来るだけ起こさない環境にするには、室内内装材にビニール製品の使用を避ける事です。特に今どきの家はビニール製品が多い。理由は簡単汚れに強い!でも劣化には弱いと言えるのもビニール製品です!

静電気を避けるにはビニール製品でないもの、例えば面積が多い床などには化学塗料塗っていない木が良いでしょう!

木は静電気を寄せ付けませんし、ホコリが密着しませんからハウスダスト軽減にはかなり有効な素材だと思います。

表面に化学塗料が塗られているものはカラーフロアーと同じなので意味がありません!化学塗料は艶も出て綺麗なのでしょうが静電気を発生させる要因です!

壁や天井には和紙・木・漆喰・珪藻土なども良いでしょう!ただ、今示しているものは静電気を発生しないものでVOCがないのもではありませんので中身は精査したほうが良いでしょう!

静電気を寄せ付けない環境化作り、これからの家つくりには必要な課題なのかもしれませんね。

ハウスダストアレルギーの方は年々増加している、シックハウス、喘息、鼻炎、気管支炎の方も増加している、これは、現代の日本の家の危険性を表す信号機でもあります。

エンドユーザーは勧められたものしか選択しません、造る側がもう少し考えて提案していかないと今後ますます犠牲者が増加していくのだと思います。

新築やリフォームをした後から症状が出るのが家での「アレルギー」です。

そんな家に高額投資はもったいないから、家造りをきちんと学んで会社選びをして下さい。

 

【2020年初回イベント】

内容は遠赤外線調理セミナーです!!

 IHクッキングヒーターとは違い「電磁波」を気にしなくても良い電気式調理機器となります。

名前は「DGH」DGHは住工房Kが販売店となります。
特徴は「遠赤外線と余熱料理」、アルカリ質に変えて調理するので健康面にもとても良い料理ができ、余熱で料理も出来るので電気代もお得になります。

遠赤外線料理で思いつくのは「焼き芋・炭火焼肉」ですね!!遠赤外線の特徴は水分に反応し調理をするので、外はコンガリ中はジューシーと言う最も理想の調理法が出来る調理法なんです。ご飯を炊けば米の旨みを引き出してくれて、もちもちで甘みも増します。水を沸かせばアルカリ水として飲めて、冷めてもそのアルカリ質は持続性がありIHやガスで沸かした水とでは違いが出ます。

そんな安心で・安全なDGHを使った料理を目の前で実演しながら出来た料理を試食できる楽しい会。
会場は弊社の事務所兼自宅で行います。

日時2020年 2月1日(土) 

時間 11時よりスタート(所要時間約2時間程度)

場所 諏訪市小和田南7-32  住工房K管理体感ハウスにて

地図→https://goo.gl/maps/bkMtw37yBkMpPder8

参加申し込みは弊社H/P内イベント情報からか、直接お電話も受け付けております。TEL 52-9492 携帯 090-3476-1568 笠原まで

 

  [お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP