家の三原則

家の三原則、それは水平・直角・垂直これが全てです。

家は基礎から手掛けていくのだが基本下から上へと造り上げていく、いずれもこの三原則を怠れば後々問題が生じる。

家を支える基礎、この基礎が水平であることと直角であることが次のステップへ大きな影響を与える。

現在の基礎工事のレベルは時代と共に進化しており、基礎の上部が+-0で仕上げる事が可能となりました。(誰が行ってもというわけではありませんが)

その理由として上部の水平を修正する「レベラー」と言われる特殊な材料が誕生したからです、しかしながらこれもその方の技量が出ますので全ての方が+-0で出来るとは限りません。

基礎が完成すると今度は基礎の上に家の寸法と直角の線をつけます、ここからは大工さんの作業工程になります。図面通りに木材を加工し現場にて土台から順番に設置していく作業、これが俗に言う「お建前」作業の日となるわけです。

基礎の直角を確認してから土台を設置する直角の線を確認したうえで土台敷きを行う。土台が所定に位置に設置されたら最後水平を確認してボルトでしっかりと固定する。

土台敷きが終わるといよいよ柱を建てる工程へと移ります。

柱を所定の位置へ建て終わるとその上の横架材(梁や桁)を大工さんがはめ込んでいきます。細い梁・桁の上を歩く作業は大変危険を伴います。

横架材の設置を終えると今度は垂直の確認へと進みます。この際は「仮筋交い」と言う呼び名の材木で垂直を借り固定します。

この借り固定がきちんとできていないと垂直にずれが出ますので慎重に行う作業です。

部屋の一つ一つが水平かつ直角かつ垂直に出来ていないと部屋を仕上げていく作業工程の中で色々厄介な事になってしまう!

土台を水平・直角にそして柱は垂直に設置してあれば後々の作業がスムースに進み仕上がっていきます。

出来上がった後に「建て付けが悪い」という言い方はよく耳にするのではないでしょうか?これがまさに垂直が出ていない事に直結します!

3原則、家には大変重要です、ここがいい加減な建築屋さんはいないと思いますが、そうでもないようです・・・

 

 

6月のイベント告知です!!↓

 6月16日はスーパーラジエントクッキングヒーター調理試食会

6月16日(日)「遠赤外線クッキングヒーター【DGH】の調理試食会」開催!!

DGHはIHクッキングヒーターと違い「電磁波」の影響は受けない人体に安全な電気式調理機器となります。

DGHはスーパーラジエントクッキングヒーターです、遠赤外線調理が最大の特徴で体にもとても良い「アルカリ性」の料理になりますので食べて美味しく健康面にも役立つ調理機器となります。

「余熱料理」も得意で使い方によってはIHより電気代もお得になる優れものです!!

今回はそのDGHで実際に目の前で調理し出来上がった料理を試食できる面白い企画となっております。

日時 6月16日 日曜日

時間 10時半より1時間30分程度

場所 諏訪市小和田南7-32  地図→https://goo.gl/maps/mUQumAatJ2A2

   完成体感会告知!!

【平屋・薪ストーブ・土間のあるもみの木の家】只今工事進行中にて詳細は随時アップしてまいります。

[お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP