「売れる家」より「必要とされる家」創り

週末ともなると見学会・内覧会のチラシがポストへ届く、新聞広告にもそんな内容が増える。

各社色んな戦略で広告を配信する。

私は興味深いのでH/Pなどを覗き込んでみる。今の時代SNSの発信は重要かつ不可欠で各社色んなSNS発信をされている。そして品数が多い事に驚く!

「家」その物をシリーズ化してある1社で複数のパターンが用意されて家が売られている。値段設定が違うのであろう!

だから、同じ会社がいろんな広告を仕掛けてくるのですね!同じ会社がいろんな家を作っていると言う事なんです!!手を変え品を変え(-_-;)

売れると思えば直ぐにそちらに乗り換える、フランチャイズはそう言った会社を獲物にしてどんどん母体は大きくなる。

弊社の手掛ける「もみの木の家」はフランチャイズでもなんでもない!もみの木のメーカーであるマルサ工業さんを中心に健康な住まいを真剣に考える工務店が自然と集まり「会」を結成しもみの家の「定義」を守りながら全国で工務店独自の工法を用いりながら家造りをしているに過ぎない。

私共会社の広告は毎回同じ「もみの木の家」これしかありません。

そこにはもみの木の家しか造らない理由がある、「住まう人のため」これが最大の理由でそれ以上の理由は見つからない。私共の手掛ける家でお客様がいつまでも家族仲良く健康で幸せに暮らせる家であってほしい。

もみの木の家以上に住まう人へ良い家があればきっと私はそちらにしたりする・・・だが、今のところこれを越えられる家は見つかりません。

「売れる家」より「必要とされる家」を造ったほうが価値がある、そうすることによりお客様からも喜ばれる。

年間6棟から8棟、これが幣社で家が造れるMAXです!それもあるしもみの木その物が年間供給に限りもある貴重な製品となります。出会える方の方がラッキー!かもしれません。

そして私のもう一つの家造りの思いは「腕の良い職人集団」で造りたいから年間限られた棟数を精一杯丁寧に仕上げる。これも私が大工であったからこそ拘る理由がそこにある。

「もみの木の家」が一番で二番も三番も必要はない。だから手を変え品を変える必要もないのだと思う。

 

 

完成体感会告知  喘息の持病を持つご家族のための家はやはり「もみの木の家」

4月の完成体感会は下諏訪町にて【もみの木の家完成体感会】となります。

4月28日(日)29日(月)は下諏訪町にて「もみの木の家完成体感会」を開催予定しております。

家の特徴・・断熱等級4 耐震等級3 制震ダンパー採用の高性能住宅 調理機器はスーパーラジエントクッキングヒーター「DGH」で電磁波

      を気にしなても良い、DGHは遠赤外線が出るので体にもとても良い調理が出来ます!

      延べ床45坪の二世帯住宅。

      ご主人様の趣味の部屋を小屋裏に完備。

      脱衣前には家族が使えるクローゼットも完備した、もみの木の家ならではの間取りとなっております!!

時間   10時より17時

住所   下諏訪町4398-10

地図→  https://goo.gl/maps/jXycw97vgu12

[お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP