物置の移動作業

先週末は二日間かけてJ様邸の既存物置の移動を行いました。

クレーン作業での移動です。

大型のスチール製物置と木造の農機具小屋の2つを新築した家の北側へクレーンで吊り上げて移動させると言う、少々珍しい作業です。

物置と言っても建築確認が必要で、当然きちんとした基礎も必要です。台風等で飛ばされないようにするためです。

当初は家の南側にあったスチール製物置。景観を考慮し計画当初は新規で作り直す予定でいたが移動の方がコストが少なく済むと言う事で、急遽移動工事に切り替えた。

となるので家を一軒飛び越える形での移動作業となるのでとても慎重な作業を要します。

重さは中身を出して1.5トン。14tクレーンでギリギリの重さです。

物置の下に角材を入れ込みその角材にクレーン用の吊り込みバンドをセットする。

毎日風が強い場所なので慎重なクレーン操作で吊り込み移動をする。

新築した家の頭上を6m×4mの大きなスチール製物置が空を舞いながら移動している姿は、どこか異様な光景でした( ´∀` )

空を舞う時間は1・2分程度でしたが、息を殺して見ていると5分・10分と感じるくらいの時間でした。

こうして基礎工事と移動作業とで3日間。無事工事も終了し何事もなく終える。

お施主様もハラハラしながら作業を見ていた感じで、終了した後は「流石プロの行う事は完璧ですね」とお言葉を頂いた。

この手の作業も経験が必要で、私も過去に何回も行っているので、可能か不可能かを見極める技量も必要となる。一か八かでは行う事はしない。

安全な作業をする事もプロとして当たり前の事ですからね。

 

イベント情報

     ~もみの木の家新築完成体感会~ 

  日 6月27日(土)・28日(日)両日

 時間 10時より17時

 場所 伊那市西町5299-1

案内図 https://goo.gl/maps/dA9hBnoeK8d89Kp36

  ~遠赤外線クッキングヒーター「DGH」調理試食セミナー~

  次回の予定は8月2日(日)10月4日(日)となっております。

  状況によっては変更もありえますので、改めまして告知してまいります。

  皆様のご参加お待ちしております。

[お願い]
最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。
正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!
また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

 

関連記事

PAGE TOP