無垢材

家の床には無垢材が暖かい??いいえそんなことはありません!

周囲の温度になじみ蓄熱する無垢材もあれば、足裏の熱を奪う無垢材もある。

その違いは何なのか??それは材質です!

無垢材と言っても、家の建材に使用される木の樹種は何十~何百種類と存在します。

自然の木として言えば何万種も存在し、その木の性質は全て違うのです。

人が個人個人全て違うように、木も一本一本性格や育ち性質が違うのです。

木は大きく分けると、皆さんご存知のように「針葉樹」と「広葉樹」に分けられます。

大きな違いは「誕生時期」なのですが、時期をたどって説明していくと長くなるので簡単に説明します。

針葉樹→肌は柔らかく自己防衛に優れている木なので、一人で生きていく事ができる、根のみならず肌からも栄養分を取り込むことが出来る木なので根はそれほど張らない。色んな成分を含んでいる。

広葉樹→肌は堅いが自己防衛の出来ない木なので、周りの植物の手助けが必要な木、根からのみ栄養分を取り込むので根を出来るだけ広く張る。成分は殆どない。

木のぬくもりや暖かさ・蓄熱・成分効果を求めるなら「針葉樹」なんです!

温度と物の硬さは比例します。硬い物は冷たし、柔らかい物は暖かい。

無垢材だから温もりを感じれて体にも良いと勘違いし、硬い広葉樹を床に使用したりするとそれは逆効果!冷たさが半端ありませんし素足で硬い床の上での生活となるので足・腰への負担も大きくなる。一般的に使用されている新建材の床材「カラーフロアー」と何ら変わりありません。

キズが嫌だからと言ってナラやサクラなどの硬い床を使用すると、冬は石の上に立っているように冷たく夏でも疲れやすいので一年中スリッパが必需品となる。自然素材の家だから健康に良い!なんてことはなく、逆を返せば人に傷をつけて生活しているので家としての役割を果たしていないと言えるでしょう!

床は柔らかい針葉樹をお勧めします。しかし近年の素材は木が死んでいます。死んだ木は劣化に弱いです。と言う事は傷みが早い。ここが気をつけなくてはいけない盲点でもある!

死んだ木を作りだしてしまう理由、それは手間暇をかけず価格もコスパに繋がる人工乾燥方法だからです。強制的に熱を加えると針葉樹が持つ自己防衛の成分がなくなってしまいます。

結果、自己防衛が出来ないので劣化が早いのです。

無垢材はやはり自然乾燥の木を使用しましょう!百年単位で経過した神社仏閣の建物が今でも存在する理由がそれです。

自然乾燥を行った木は生きて製品になっています。自己防衛がそのままですので劣化に強い!

そして我々が暮らす室内の環境も整えてくれるので健康面もサポートしてくれる。少し値段は高価だが長い目で考えたら家はコスパで選ぶものではない!

木材は奥が深いし木材が地球を守っているのです!

 

8月のイベント情報

お住まい見学会

実際に生活している築3年のもみの木の家を開放し、展示場とは違うリアルな家を体感して頂けるお住まい見学会。生活臭や湿気・生きているもみの木の床の色艶など私が暮らして感じる生の声などを「営業トーク」なしで皆さんにお伝えいたします。

これから家をご検討されている方に向けて、まず何をしたらよいのかが分からない方・木の家が希望だけど木の家はお手入れとかが大変なんじゃないのか?・健康住宅って何が健康な部分なのか?など漠然とした家への思いをお持ちの方々へ向けて少しためになる知識をお伝えいたします。

是非参加されてみてはいかがでしょうかm(__)m

日 8月18日(日)

時間10時より16時まで

会場 住工房K事務所&自宅

案内図   https://goo.gl/maps/AddSx8K3yp4baDPK7

   完成体感会告知!!

【平屋・薪ストーブ・土間のあるもみの木の家】完成体感会

日  9月7日(土)8日(日)

時間 10時より 17時 

場所 茅野市玉川736-1 

地図 https://goo.gl/maps/yKpqDZDLe72oz56n9

[お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP