蓄熱効果のある家

もみの木の家に住んで体験できる事 part6

針葉樹の柾目であるもみの木の床材・壁材・天井材には「蓄熱効果」がある。だから寒冷地でもお子様なんかははだしで暮らしているご家族様もある!!

同じ木でも針葉樹と広葉樹では違いが大きく変わり、蓄熱の効果を生かせる木は針葉樹となる。広葉樹では木肌が硬く熱伝導が悪いので熱効率を考えたら断然針葉樹であろう。

更に針葉樹の中でもそれぞれの木の種類によって熱効率は変わるのだが、それ以前に木の目の切り出し方が少しポイントになります。

蓄熱の良い木の目は柾目であるという事。柾目はその他にも調湿効果に優れていて、先日もお伝えしたように室内の湿度コントロールを得意とする切だし目なんですね!

その反対の目は板目となりますが、板目には節も出やすくその節は特に硬い。板目は表面の硬さが均一でない。そこに節があったりすれば尚更硬い部分が増えて熱伝導が悪くなるので、針葉樹の柾目が熱効率が一番良いという事になるのです!

もみの木の家の床・壁・天井は全て柾目の切り出し方。

木の特性を生かすも殺すも、自然の「木」の奥深さを学べるかどうかで決まる。

その素材を扱うメーカーから施工業者まで一つの輪の中で共に学び共に成長する事により、ユーザー様に満足のいく家作りが提供できると思います。

私共の様な地域密着型の工務店組織が全国にあり、もみの木のメーカーを中心とした「健康な住まい造りの会」を立ち上げ、皆で切磋琢磨し合いより良い住環境の家を研究しユーザー様へ届けようと頑張っています。

家を考えはじめ「木の家が良いな~」なんて思われましたら、是非お近くの「もみの木の家」の施工店に足を延ばしその住環境を一度体感されてみてはいかがでしょうか♪

 

  ~もみの木の家新築完成体感~

次回は10月3日(土)4日(日)辰野町で開催予定です。

時間 10時より 17時まで

場所 上伊那郡辰野町平出1607-1

map  https://goo.gl/maps/BhVmsxL7XbsFSDxM7 

コロナ対策を万全にし皆様のお越しをお待ちしております。

  ~もみカフェ(家のあれこれ勉強会)~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為今後しばらくはリモート開催といたします。

弊社事務所にて1組ごと予約制とし「もみの木のメーカ―」が開催する「もみカフェセミナー」をリモートで閲覧するスタイルで行います。

開催は都度告知してまいります。宜しくお願い致します。

  ~遠赤外線クッキングヒーター「DGH」調理試食セミナー~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為年内は全て中止させて頂きます。

 

[お願い]
最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。
正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!
また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

 

 

関連記事

PAGE TOP