寒冷地での家作り

高気密・高断熱住宅はよく聞く家作りの「キーワード」です。ここ諏訪地方では欠かせないポイントになっているはずです。私共の考える家作りも一緒です。

寒い長野県の冬をいかに暖かく暮す事を考えると、高気密・高断熱住宅は欠かせない選択肢となります。しかも北海道と同等クラスの作りが理想と言える。

なぜ北より南に位置する長野がそんなに極寒の地なのか?やはりそれは標高の違いと深く関係する。長野県は日本の中で一番標高が高い所に位置し、中でも諏訪地方は県下でも上位で最寄りの町場や市役所の標高がかなり高い所に位置します。

そして諏訪湖を中心とした生活圏は諏訪湖周囲の高い山並みから吹き降ろしてくる風にさらに追い打ちをかけて冷たい諏訪湖の水(時には氷)の上を通過する際に更に冷たくなり刺すような痛みのある風に変化。そんな極寒の諏訪地方なのである。

北海道は北に位置してはいるが道庁所在地は17mと海抜は0に近いのに対して、長野の県庁所在地は370m、そして諏訪地方は770mその差は大きい。東京スカイツリーよりも高い位置で暮らしているのだから寒いわけです。

そんな過酷な条件の中でヒートショックなどを起こさぬ様に暮らす家はやはり高気密・高断熱の家でなくては健康的に暮らせないのですね!

ただ、高気密高断熱の家は化学物質を揮発させる条件にはベストな状態なんです。ここに注意が必要で、今主流で使用されている新建材(石油製品)ばかり多く使用した家ではVOCが揮発しアレルギー発症を引き起こしやすい家になってしまいます。

このような住環境での生活を長く続ける事はかなりリスクがあるような気がしますので、家作りを予算・見た目・メーカーなどで簡単に決めない方が大切な家族の為だと思います。

中身のある家造りがこれからの家造りだと私は思います!!

  ~もみの木の家新築完成体感~

次回は12月19日(土)・20日(日)箕輪町にて開催予定です。只今工事進行中!!

時間 10時より 17時まで

場所 上伊那郡箕輪町箕輪3730-588

map  https://goo.gl/maps/2pcxMGBLyREAUV9h6

新型コロナウイルス感染防止の為皆様が安心してゆっくりと体感できる様に「完全予約制」とさせていただきます。

予約先H/P→ https://mominokinoie.com/もみの木体験(イベント内)より   直接℡090-3476-1568 笠原まで

  ~もみカフェ(家のあれこれ勉強会)~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為今後しばらくはリモート開催といたします。

弊社事務所にて1組ごと予約制とし「もみの木のメーカ―」が開催する「もみカフェセミナー」をリモートで閲覧するスタイルで行います。

開催は都度告知してまいります。宜しくお願い致します。

  ~遠赤外線クッキングヒーター「DGH」調理試食セミナー~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為年内は全て中止させて頂きます。

 

[お願い]
最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。
正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!
また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP