市町村で行っている補助事業

市町村で行っている補助事業をご存知だろうか。

これは日本中どこでも行っている補助事業だと思う。

例えば家に関して言えば耐震補強に関わる補助事業制度があり、該当するお宅へは市町村から工事金の一部を負担してくれる制度である。

これは建て替えにも使える制度で基本条件に該当し抽選もある場合もあるらしいが建て替えを検討されている方は調べてみるのも良いであろう。

条件はおそらく全国共通な部分がある、それが昭和56年以前の建物の家の耐震性。

国はS56年に建築基準法を改正しより地震に強い家造りをする目的で耐震性能の向上を謳った。

この基準をクリアーしている家としていない家で線引がされるのである。

耐震診断は最寄りの市町村が無料で行っているのでこれを利用しない手はない!

細かな詳細は市町村のH/P内に掲載されているが専門用語が多いし知識がないときっと見ても分からないと思うので、S56年以前の建物だと判断が付けばTELで聞いてみるのが手っ取り早い!

自分の家が何年に建築されているかを知るのは図面と建築確認書です。

ここに日付が記入されているのでそれを参考にする。

補助金の金額は市町村で違うのかもしれないが、諏訪地方では最高100万円程度が補助されると書いてある。

他に家の補助事業としてリフォーム補助金なども行っていると思う。

これは簡単に受けれる補助金で最高額は10万円。ただしお住まいの市町村内に登録している建設会への依頼が規約としてあると思うので注意したほうが良いでしょう!

国や市町村で行っている補助事業って結構あるんです!

知ってる人が得するようになっている仕組みで、行政は大きな声を上げて補助事業やってますとは言わないんです!

だから割と公務員の方々が色んな事を知っているのでそんな方々が利用している制度となっているのも否定できませんね(汗)

 

 

 

告知!!

9月のイベント情報

築5年経過のもみの木の家にて「Open house」+「もみカフェ」を開催!! 

日頃私がブログ等で紹介している消臭・調湿・抗酸化・殺菌・蓄熱等々の事柄が本当かどうか5年経過したもみの木の家を開放し「体感会」を行います。

住んだ空気環境と気持ち良い室内の空間そして素足の心地よさをどうぞこの機会に体感されてはいかがでしょうか!

一度味わったら忘れられない心地良さとなるはずです。

5年経過したもみの木の経年変化の色艶も見ていただけます。

会場はゆとりのある50坪の建物です時間の許す限りご体感して行ってくださいね。

17日15時からは「もみカフェ」を予定しております。

「もみカフェ」はもみの木の空間にて家の基本知識や木の知識などを学べるお話が聞けます。

参加希望者の方は事前予約をH/P内https://mominokinoie.com/event/からお願いいたします。

開催日 9月16日(日)・17日(月)15時よりもみカフェ開催  

時間 10時より17時 会場 諏訪市小和田南7-32 

案内図 https://goo.gl/maps/gv2xyy2dfqk  

駐車場 あり

 

 オープンハウス開催告知

自宅兼事務所のお住まい見学はオープン日を設定せず全日予約制とさせていただきます。

参加希望の方は弊社宛に予約をお願いします。 090-3476-1568笠原まで!

見学時間は10時より16時となっております。

予約先  TEL 0266-52-9492  携帯 090-3476-1568  笠原まで

FBやH/Pからも承ります。

場所  https://goo.gl/maps/g5B4eVM5TYK2

FB  https://goo.gl/491TO8

H/P https://mominokinoie.com/index.html

実際に生活しているもみの木の家を体感できるので、住まいて側の意見や感想も聞けて、現実的ではないショールームとは違います^^

ノンストレス健康住宅「もみの木ハウス」は住工房Kがご提案しております^^

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP