大工工事が一番時間を要します

家作りの中で、時間を要する職種は勿論大工工事。

これは木造在来に関しての話となりすので、プレハブ住宅と言われているハウスメーカーの家とは異なりますので、別としてお聞きください。

木造在来は基本的には大工さんがメインとなって家作りをして行きます。

今の時代、組み立て式のパーツが多いとはいえそのパーツも大工さんの技量次第で良くも悪くもなる事だけは確かです。

35坪程度の家を完成させるために要する全工期は木造在来ですと基礎着工から4ヶ月がだいたいの目安期間となります。

その中で2ヵ月程度が大工工事に要する時間となりますので、全工程の半分の期間は大工工事となるわけです。

増してや、私共の様に内装材に木をふんだん使用している家を手掛けている会社さんでは、それ以上に大工手間が掛かります。

私共の手掛けている「もみの木の家」では一般的な大工工事が終わった後に更に壁や天井にもみの木を貼り足していくので、更に時間と腕を要します。

この「腕」がとても重要で、大工さんの技量一つで仕上がり方が見た目で変わってきますし、板を多く使用しながら家作りをしている会社、一社一社で比べても貼り方の違いや、センスの差で見た目も変わってきます。

と言っても、我々プロ目線で見た感覚なのでそこが一般の方にどう映っているのか違いは分からないのかもしれませんが、プロが認める家作りをしている会社さんが信頼できるのだと思います。

そこを知るためには、やはり口コミなんだと思います。

昔も今も、良くも悪くも口コミが一番の情報だからですね。

大工工事の金額にウエイトが多いのは、大工工事をしっかりと行っている事にもなります。

工場生産の様な住宅会社やローコスト住宅会社の大工工事の金額にウエイトが多い見積はあまり信用できません。機械が作っていて手作りではありませんからね!

丁寧でキレイで早い仕事ができる大工さんが昔から言われている「職人」で、手作りの家と言えるのです。

そんな職人を絶やさない様、これからの若い方たちがなりたい職種の上位になる様にきちんとした日本の家作りを継承していく必要があります。

次回のもみの木の家完成体感会イベントは8月7日8日に開催いたします!!

 ~諏訪大社下社おひざ元~「もみの木の家」新築完成体感会(長期優良住宅)

日  2021年8月7日(土)8日(日)両日  受け付け開始いたしました。

時間  10時より 17時まで (コロナ対策の為時間を区切って組数限定での開催となります)

場所  諏訪郡下諏訪町曙町

map  https://goo.gl/maps/Srivsq1ngTGcapPM6

詳細・受付案内(当社H/P内より) https://mominokinoie.com/event/    直接℡も受け付けております。090-3476-1568 笠原まで

新型コロナ感染防止の為皆様が安心してゆっくりと体感できる様に「完全予約制」とさせていただきます。

Instagramやってますhttps://www.instagram.com/

Facebookやってますhttps://www.facebook.com/jyukoubouk

   

   

 

  ~もみカフェ(家のあれこれ勉強会)~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為今後しばらくはリモート開催といたします。

弊社事務所にて1組ごと予約制とし「もみの木のメーカ―」が開催する「もみカフェセミナー」をリモートで閲覧するスタイルで行います。

開催は都度告知してまいります。宜しくお願い致します。

 

 

~遠赤外線クッキングヒーター「DGH」調理試食セミナー~

現在小規模にて企画中!!詳細決まり次第アップいたします。

 

[お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP