クリスマスツリー


世間はクリスマスムード一色♬

クリスマスツリーと言えば「もみの木」ですね!

どうして?もみの木なんだろうと考えた事ってありますか?私も、「もみの木の家」を手掛けるまでは、そんなこと考える事もありませんでした!

今は、インターネットと言う優れものがあるので、簡単に調べる事も出来ます。色んな説がありますが、調べていく中でクリスマスツリーがもみの木のである由来は、ヨーロッパの長い冬の間にもみの木の幼木が病気にならないようにと家の中に飾られたことがはじまりだったという説があります。

もみの木には抗菌作用があるので、ウイルスや菌を寄せつけない効力があります。先人たちはこの効力を知っていて、家の中にもみの木を入れることで幼木を守るとともに、家族の健康も守っていたのかもしれません。

もみの木から出る成分「フィトンチッド」には病原菌を死滅させる力があったんですね。

当時は「フィトンチッド」と言う名もなく、経験などから良いものだと理解されていた。成分の研究が進められたのは1930年頃。この成分の研究をしたキートン博士がつけたネーミングが「フィトンチッド」名前の由来もありますがここで述べていると長くなるので、知りたい方は検索してみてください。

室内へ木の姿のまま入りその「もみの木」に、飾りを付けたのが後の「クリスマスツリー」になった。この様な説があるのです。

もみに木は昔から人との深い繋がりがあり、生活を共にしてきた木なんですね!大昔から、もみの木は人を守る特別な木とされて建築材料としても使用されてきたと言う事も納得です!

日本でも神社仏閣の建物にはもみの木も多く使用されていますから。

ここ諏訪地方でも、もみの木のは「神が宿る木」と崇められている、そして日本三大奇祭の「御柱祭」にはもみの木が使用される。

ご神木とも言われているもみの木。もみの木は、何かにつけ人とご縁のある「木」なのですね。

そんなもみの木を使用した家は抗菌作用や消臭効果にも優れ、調湿効果や蓄熱効果もありリラックスできる住環境を作り出す♬言ってみれば「森林浴の家」そのものです。

そんな「もみの木の家」は必要とされる方へ必ず届くはずです。

 

【2020年初回イベント】

内容は遠赤外線調理セミナーです!!

 IHクッキングヒーターとは違い「電磁波」を気にしなくても良い電気式調理機器となります。

名前は「DGH」DGHは住工房Kが販売店となります。
特徴は「遠赤外線と余熱料理」、アルカリ質に変えて調理するので健康面にもとても良い料理ができ、余熱で料理も出来るので電気代もお得になります。

遠赤外線料理で思いつくのは「焼き芋・炭火焼肉」ですね!!遠赤外線の特徴は水分に反応し調理をするので、外はコンガリ中はジューシーと言う最も理想の調理法が出来る調理法なんです。ご飯を炊けば米の旨みを引き出してくれて、もちもちで甘みも増します。水を沸かせばアルカリ水として飲めて、冷めてもそのアルカリ質は持続性がありIHやガスで沸かした水とでは違いが出ます。

そんな安心で・安全なDGHを使った料理を目の前で実演しながら出来た料理を試食できる楽しい会。
会場は弊社の事務所兼自宅で行います。

日時2020年 2月1日(土) 

時間 11時よりスタート(所要時間約2時間程度)

場所 諏訪市豊田220-1

地図→https://goo.gl/maps/bkMtw37yBkMpPder8

参加申し込みは弊社H/P内イベント情報からか、直接お電話も受け付けております。TEL 52-9492 携帯 090-3476-1568 笠原まで

 

  [お願い]

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP