もみの木の花言葉

植物には「花言葉」がある。

では、いったい花言葉はいつ?誰が?決めたことなのか??こんな時インターネットで直ぐに調べられるので今は便利な時代です。(でもその答えが全てでもないので適当に参考にしていますけどね!)

花言葉は17世紀頃のトルコ(オスマン帝国のイスタンブール)というのが定説のようです。そしてその花言葉を利用して草花を楽しむ習慣が日本に輸入されたのは、明治初期ごろと言われているそうです。

私共で手掛けている「もみの木の家」のもみの木にも、勿論花言葉があります。

もみの木の花言葉は、「高尚」「永遠」「正直」「誠実」古来より欧州ではもみの木は神聖な木として民間信仰の対象とされ古代ローマではもみ材の船を建造したため、この木を海神 ネプチューン (Neptune、ギリシア神話の「 ポセイドン (Poseidon)」にあたる)に捧げた。とありました。

「高尚」「永遠」「正直」「誠実」諏訪地方でももみの木は神の宿る木と崇められており「諏訪大社御柱際」ではご神木とされている。この祭典は山にいる神様を直径約1m長さ約16m程度の巨木なもみの木に乗せ、その柱を男性のみで舵取りをし大勢の民衆で諏訪大社まで曳き付けるお祭りです。

これを考えても「もみの木」の花言葉は「高尚」「永遠」「正直」「誠実」がぴったりである気がする。

そして、もみの木の家に住まわれるご家族もこの花言葉にピッタリのご家族と言える。

もみの木のメーカーさんが全国で暮らすもみの木の家ユーザーさんにはこんなご家族ばかりです。とこのお話を聞いたときに、私の心中でも「確かに!」と感じたくらいでした。

だからもみの木がお客様を選んでいるとも感じるくらいです。

これからも「もみの木の家」と仲良く暮らせるご家族様に作り手側としても「誠実」に真心こめてこの家を届けていきたいと思います。

 

   ~もみの木の家新築完成体感~

次回は10月3日(土)4日(日)辰野町で開催予定です。

時間 10時より 17時まで

場所 上伊那郡辰野町平出1607-1

map  https://goo.gl/maps/BhVmsxL7XbsFSDxM7

新型コロナウイルス感染防止の為皆様が安心してゆっくりと体感できる様に「完全予約制」とさせいただきます。

予約先H/P内 もみの木体験(イベント内)より   直接℡090-3476-1568 笠原まで

  ~もみカフェ(家のあれこれ勉強会)~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為今後しばらくはリモート開催といたします。

弊社事務所にて1組ごと予約制とし「もみの木のメーカ―」が開催する「もみカフェセミナー」をリモートで閲覧するスタイルで行います。

開催は都度告知してまいります。宜しくお願い致します。

  ~遠赤外線クッキングヒーター「DGH」調理試食セミナー~

報告 新型コロナウイルス拡散防止の為年内は全て中止させて頂きます。

 

[お願い]
最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。
正規商品は「のんき工房 」までお問い合わせください!!
また、フォレストバンク 製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク 」の製品を、「健康な住まいづくりの会 」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。

関連記事

PAGE TOP